「【コラム】宮古島KANCHIのダイビングコラム」カテゴリーアーカイブ

PADIエンリッチSPライセンス

エンリッチド・エアは、減圧の許容範囲を広げることのできる最新技術です。エンリッチド・エアで、エンリッチド・エア用のダイビング・コンピューターを使用し、マルチレベル・ダイビングをした場合には、空気でのダイビングに比べて時間的に余裕を持つことができます。

 

酸素と窒素の混合ガスを総称して『ナイトロックス』と言われてます。実は空気もナイトロックスになります。『エンリッチドエア』とは、酸素の割合が22%を超えるナイトロックスを総称して呼び、レジャーダイビングでは22~40%未満のエンリッチドエアを使用します。

通常の空気タンクより窒素が少ない!

エンリッチドエアでのダイビングをすると、空気に比べ身体に溶け込む窒素量が少ないため、いくつかの利点が得られます。
 ・ 減圧不要限界が延長される
 ・ 空気の減圧不要限界ギリギリでも、エンリッチドエアではまだ限界内
 ・ 反復潜水をすることにより、窒素の排出に効果があります!

☆身体にやさしいメリット 
空気に比べ酸素の割合が多いため、連日の反復ダイビングをされる際にエンリッチド・エアを利用する事で、水中では『普段より疲れない』『ものがはっきり見える』『寒さを感じない』『呼吸がしやすい』など、ダイビング後は『頭が痛くならない』『すっきりしてる』『眠気がない』など、体感していただけることと、『減圧症のリスクが軽減できる』などがあります。

減圧不要限界を比較してみましょう!!

※講習トレーニング中に空気の設定のコンピューターとエンリッチの設定のコンピューターを比較して頂きます。

深度 空気(酸素21%)  EANx32(酸素32%) EANx36(酸素36%)
18m 56分 95分  125分
20m 45分 75分 95分
22m 37分 60分 70分
24m 29分 50分 60分

上記のように特に、水深が15m~30mのダイビング時に空気タンクとの差が発揮されます。

しかし、ダイビングステーションKANCHIではエンリッチド・エアを使ってのダイビングをする際、空気タンクと異なり水深が15m~30mに長時間滞在出来る事をメリットとして利用するのでは無く、空気タンクの減圧不要限界内でエンリッチド・エアを利用する事によって窒素が体内に溜まるリスクを軽減し、より安全にダイビングを楽しみたいと考えております。

また、エンリッチド・エア用のダイブテーブルの使用方法なども身につきますので、減圧理論に興味のあるダイバーにもオススメです。

エンリッチド・エアはダイビングの手段の1つです。 エンリッチド・エア・ダイバー・コースを受講することによって、エンリッチド・エアがどのような時に役に立つかという判断ができるようになることでしょう。

エンリッチドエアダイバーSP実習コースの内容

【講習スケジュール】

1)eラーニング修了後、eレコードをプリントアウト(スクショ)して宮古島へ

2)ショップ OR 船でクイックレビュー(おさらいクイズ)10問を行なう

※コロナウィルス感染拡大防止の為(ダイビングの休憩時間中)にクイズを行っております

3)実技応用セクションとして、エンリッチド・エア・タンクの酸素の分析(アナライザーでの確認)2回に加え、海洋実習2ダイブ

【コース終了後は、、、】

エンリッチド・エアという特殊な気体を使用することにより、減圧不要限界を延長出来ますが、空気タンクを使用治の減圧不要限界内でダイビングする事により、空気タンクに比べより安全にダイビングを楽しめます。

PADIのカードは世界共通なので、エンリッチドエアを提供しているダイビングサービスであれば世界中どこの海でも利用することができます。

PADIエンリッチドエアダイバーSPコース
講習期間 1日間(2ダイブ)3ボートのスケジュール時は追加ダイブ可 5,500円
参加条件 オープンウォーターダイバー以上
またはジュニアオープンウォーターダイバーで12歳以上当日Cカードとログブックを確認致します。
講習料金 ¥20,900円

2名以上でお一人様 ¥20,900円 →¥18,700円 (2021年キャンペーン)

(別途PADIにオンライン学習費 191ドル)

料金に含まれるもの  マニュアル(オンライン上) 申請料 乗船料 講習費

エンリッチド・エア タンク2本

料金に含まれないもの ドリンク ランチ レンタル器材代 美ら海協力金

 

 

【宮古島ダイビングショップ KANCHI】
 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根2-5
 TEL:090-7590-5531 FAX:020-4664-1837
 E-mail:kanchi@miyako-ma.jp
 URL:http://www.kanchi32.com
 お問い合わせ・ご来社お待ちしております。

料金改定のお知らせ

コロナウィルス感染拡大防止の営業と2021年からの総額表示(税込み表示)に伴い

料金の改定があります。(2021年2月から)

 

①【到着ダイブ】(税込み)

1ボートダイブ(着後も) 9,900円 → 11,000円

到着2ボートダイブ 14,300円 → 16,500円

コロナウィルス感染拡大防止の営業で少人数制の為、空港に送迎などの人員確保や

船を帰港するための燃料代などの理由で、申し訳ないのですが、

値段を上げさせて頂きます。何卒よろしくお願い致します。

 

②カードでのお支払い

1日のみのご利用やネット割を含むお支払いは、現金払い

をお願いしております。

 

よろしくお願い申し上げます。

代表 神田健志

 


 

 

 

 

 

 

 

 

【宮古島ダイビングショップ KANCHI】
 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根2-5
 TEL:090-7590-5531 FAX:020-4664-1837
 E-mail:kanchi@miyako-ma.jp
 URL:http://www.kanchi32.com
 お問い合わせ・ご来社お待ちしております。

【最新】当店における新型コロナウィルス感染拡大防止のガイドライン

ダイビングステーション

KANCHI 

新型コロナウィルス感染防止

対策ガイドライン

R3 3/1発表 Ver

お客様にお願いする感染予防対策

2020年3月からの変更点】

送迎車内のゴム手袋着用 

→ 乗車前にアルコールで手指の消毒 に変更

レンタカー集合の方はゴム手袋着用

→ 申し込用紙記入前に アルコールで手指の消毒 に変更させて頂きます。


【2020年12月からの変更点】

全ての飲食物はお客様ご自身での準備をお願い致します。

コロナウィルス感染拡大防止対策中は、

昼食時のお弁当サービスを廃止とさせて頂きます。

今までは、ご協力のもと飲料水は持参して頂き、

3ダイブ目あるお客様はサービスでお弁当をご用意しておりましたが、

いろいろ検討した結果、この度廃止とさせて頂く事となりました。

(飲食物全般、お客様ご自身での準備をお願いします。)

冬期は身体が冷えますので、お味噌汁や

温かい麺類(インスタントインスタントラーメン)等が食べたくなると思います。

お湯が欲しい方は、ある程度の量はご用意してあります。

船には、カセットコンロもご用意しております。

万が一、お湯が不足した場合は、熱湯を準備する事が出来ます

。(水の量には限りがあります。)

 

理由としては、全国的にも島内でもコロナウィルス感染が広がっており、

こちらで準備したお弁当でもし感染が広がってしまったら、、、悩んだ結果です。

ダイビングのお昼ご飯をあまり食べないお客様もいらっしゃいます。

また、冬期は暖かい食べ物がいいお客様もいらっしゃると考え、

お弁当廃止の判断をさせて頂きま

 

 

 

【器材のお預かり】

コロナウィルス感染拡大防止対策中は、毎日お客様のご自身の器材は、

お持ち帰りを推奨しますが、ご希望のお客様に限り器材をお預かり致します。

(ドライスーツ・ダイブコンピューター・カメラ類は除く)

※ただし、他のゲスト様のメッシュバックと重なったりします。

その際は、ご了承をお願い致します。

ウェットスーツもメッシュバックに入れて頂きますので、乾いたスーツを着たい

お客様は、スーツのみお持ち帰りされ宿泊先で乾かして下さい。

ドライスーツの乾かし方は、個人差があるので毎日お持ち帰りをお願いします。

濡れた器材を預かる場所になりますので、宮古島到着され、

翌日以降からの当店ご利用のお客様は、恐れ入りますが今まで通り

器材は宿泊先に送って頂くようお願い申し上げます

到着ダイブのお客様で、器材送付希望のお客様は事前にお問い合わせ下さるようお願い申し上げます。

以上コロナウィルス感染拡大防止対策の為、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

【現在のコロナウィルス感染拡大防止対策のまとめ】

・沖縄県の緊急事態宣言が解除になりました。

新規の予約は当店全てのメニューが対象になります。

到着ダイブも可能になりました。

 

前日の予約は4日間の検温の記録があればご予約可能ですが、

無い場合はお断りさせて頂いております。

 

2~3日前の予約の場合はメニュー参加前4日間の検温の記録が必要です。

記録がない場合は

①通常の体温の確認

②お電話から2週間にさかのぼって37度以上の熱がないか

③同居者や身近に体調が悪い人はいないか

①~③の質問をさせて頂きます。

 

 

【来島前】

・ダイビング当日からさかのぼって、4間検温したもの

  を、スマホアプリに記録して下さい。

  (当日検温記録を確認致します。)  

     すでに、学校・勤務先で体温管理をしてあるものがあれ

  ば、それを写メ保存して頂きダイビング当日に確認致

  します。

  ダイビング当日からさかのぼって、4日間前までに1回

      でも 37.3度以上あった場合は、ダイビングの

  参加 は お断り致します。

  ※薬を服用して熱が下がっても体調が万全

             ではなく免疫力が低下しているからです。

   例:アプリ→体温メモ・体温報告

      ・thermometer等毎日の体温を管理できる

    アプリをダウンロードし記録をつけて下さい。

・ダイビング器材をお持ちの方は、宿泊先で洗い乾燥

 して頂きます。

  ※ 予約される際、宿泊先にダイビング器材の洗い場、

    乾燥場があるかどうかをご確認下さい。

   また、お客様の荷物・器材の預かりや発送は当店

   の器材庫や洗い場のスペースがない為、すみません

          が宿泊施設にてお願い致します。(着後ダイブの方はお問い合わせ下さい。)

【持参するもの】

・バスタオルとフェイスタオル(各1枚あると好ましい)

・着替え・マスク・ペン(申込書記入用)

・ポケットティッシュ

  ※マスクを参加当日に忘れて来られた場合は、

   当店にて110円でご購入して頂きます。

・乗船中の飲み物(ペットボトル飲料が好ましい)

・その他貴重品携行品等・間食用のお菓子等

  ※以前、船にサービスで用意していた間食用

   お菓子・キャンディー類は廃止となりました

・防寒着(防水のものが好ましい)

・メイク落とし(必要な方)

・携帯灰皿(喫煙者は忘れずにお願いします。)

 ※忘れた方は、当店にて110円でご購入して頂きます

  吸殻をカン・ペットボトルの中にいれるのはやめて

          下さい。

   宮古島で最終的にごみの分別が困難にります。

          気をつけて下さい。

 

【宮古島来島時】

・開放的な気分から基本的予防

  ※咳エチケット・ソーシャルディスタンスの確保、

       手指消毒等 を怠らず外出時マスク着用して下さい

・宮古島滞在中の夕食は、なるべく人が多い場所や時間帯は

     避けるようにして下さい

・深酒すると次の日に平常より体温が高くなる事がある

     ので、深酒をしないようにして下さい

  ※ダイビング当日の検温・船酔いにも大きく影響が

              出る為気をつけましょう。

・朝食時も一時的に人が集まる場所を避けたり時間帯を

    ずらしたりして下さい。

 

【当日の送迎】

原則レンタカーで港までお越し下さい。

・やむを得ず送迎車を利用する場合

      宿泊施設と港間の往復は次のような事を

     車内でして頂きます。

     ※ 乗車前にアルコールで手指を消毒して下さい。

(アルコールはこちらで準備しております)

           ※ 窓を開けて換気をしながら、空調(冷暖房)は

           つけておきます。

・ドライバーと客席の間にビニール等で仕切りを設けます。

    ※ 送迎車ご利用の方で港から10分以上遠い

      宿泊施設の方は、 送迎前に

           検温チェックをします。

 

【当日の参加・乗船前】

・起床時に発熱、咳、体調不良の症状がある方は

     キャンセルして下さい

(毎朝体調をチェックして頂き、該当有の場合は

  お迎え、集合時間前までにご連絡下さい。)

・送迎時または港集合時の体温チェックで37.3度以上が

     続けて2~3回出た時は、参加中止になります。

・飲食物はご自身で持参したものを当店が準備したクーラー

    BOXにご自身で入れて下さい。

  クーラーボックスのフタの所に名前を記入したテープを

     添付しておきます。それをはがして飲料容器や飲食物

      の ビニール袋等につけて利用して下さい。

  他の人と間違わないように注意して下さい。

・レンタル器材を使用する女性のお客様は、

     基本ノーメイクでお願いします。

    (日焼け止めクリーム除く)

   ※万が一、メイクをされてこられた場合は、

          口紅・リップクリーム・グロス等唇部分は

          落として頂きます。

 

【メニュー参加中】

 

・船の上では、別のグループとはソーシャルディスタンス

  を確保し乗船者全員マスクを着用して下さい。

・トイレの使用については、特に流す時に蓋を閉めて

  から流して下さい。

 ハンドソープで必ず手を洗って下さい。

・他人の器材、荷物には触れないようにして下さい。

   (マスク・レギュ・タオル等)

・使用中の軽器材・その他の物はご自身で当店が用意した

     カゴに入れて下さい。

・濡れたくない荷物は、船のドライエリアにグループ別の

     カゴを用意してありますので、そのカゴに荷物をいれ

     ご自身でドライエリアに置いて下さい。

 ※ドライエリアに置く際は、可能な限り手の届く所に

   置いておくと便利です。

・マスクの曇り止めは唾ではなく、船の曇り止めや

  ご自身の曇り止めをご使用下さい

 ※曇り止めを洗い流す時は船が止まってから、はしごの近く

     にてご自身で洗って下さい。

・共有部分

   (例:ドアノブ、シャワー・トイレ内ボタン等)

  触った後はこまめ にアルコール消毒液で手指を消毒

  して下さい。

 ※手が濡れている状態ではアルコール消毒の効果が

  激減する為手を乾かしてからするか濡れた状態であれば

  次亜塩素酸水で消毒かハンドソープで手を洗って

  下さい。当店は、次亜塩素酸水(ルピクリン)

  を使用しております。

・ランチについては、業者の弁当になります。

  但し、食物アレルギー、宗教的に食べ物制限がある

     方は、予約の際に報告しダイビング当日のランチは、

     各自でご用意して頂く事となりますので当日忘れない

    ようにお願いします。

・燃えるゴミ以外はお持ち帰り下さい。

   (ペットボトル・カン・はご自身でお持ち帰り下さい)

 

【メニュー終了時】

・レンタル器材を使用したお客様は、器材オフティング後

 に当店が用意したメッシュバックにご自身で

      入れて下さい。

・連日ダイビングをされる方はダイビング器材

     をお預かりできますが、乾いたウェットスーツを着たい方は

宿泊先にお持ち帰り下さい。

 

 ・メニュー参加前後の、ご来店はお控え下さい。

  ※現在、店内での接客はしておりませんので

   ご理解願います。

港・船・ビーチでの接客とさせて頂く旨ご理解下さい。

 

【宮古島ダイビングショップ KANCHI】
 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根2-5
 TEL:090-7590-5531 FAX:020-4664-1837
 E-mail:kanchi@miyako-ma.jp
 URL:http://www.kanchi32.com
 お問い合わせ・ご来社お待ちしております。

新型コロナウィルス感染症・対策についてのお知らせ

先日(6日)宮古島市長から旅行者に対して自粛・延期要請がでました。

https://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/shityo/seikatukankyou/kenkou/oshirase/files/2

0200406.pdf

7日に日本政府から緊急事態宣言が出されました。

(東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡)

 

当店としましては、4月20日まで入っているゲスト様には自粛か延期のお願いの連

絡をして、延期できないゲストさんには、自粛営業で対応させて頂きます。

自粛営業の内容は後程、お知らせ致します。

※20日までの新規のゲストさまの予約は不可になります。

 

→変更

5月6日までの新規予約を停止致します。

 

→追記(4月14日)

4月14日から5月6日まで休業致します。

 

当店の新型コロナウィルスに対しての営業について。

 

政府の緊急事態宣言と沖縄県の自粛要請をうけて、

5月6日まで新規予約の停止を致します。また緊急事態宣言の期間が延長した場合は、当店も同様に新規予約受付停止期間を延長いたします。

今現在ご予約頂いているゲストさんには、新型コロナウィルスに対する営業(自粛

営業)をご理解頂いたうえの営業となります。

 

(自粛営業)

当店の送迎車は密閉空間になるのと、掃除の際の除菌スプレー等が島にほとんど販売されておらず(入荷しても即完売)、送迎車のきちんとした除菌清掃が出来ていない為、レンタカーまたはタクシーでの自力集合のみの営業となります。

 

到着後に体温チェックをして頂きます。

コロナウィルスの相談目安の体温は37,5度が4日以上ですが、当店では37、0度以上でツアー参加を取りやめて頂きます。

予測式の体温計は誤差がありますので、37、0度以上の数値が2度続けてでましたら、参加取りやめになります。

また、全身の倦怠感(だるさ)、咳、喉の痛み、風邪の時の頭痛、腰痛、

胃腸炎の時の吐き気や下痢、嗅覚異常がある場合は参加を取りやめて頂きます。

その際はキャンセル代は頂いておりません。

 

ボート上でマスク着用して下さい。

事前に自分の分はご用意下さい。(宮古島もマスク不足です。ほとんど販売されていませんし、入荷しても即完売状態です。)

スタッフもマスク、手袋を着用し、話す際は距離をとるようにします。

ボート上では人との間隔をあけて下さい。

 

共用のコップ、お茶は感染のリスクが高い為、飲み物はお客様ご自身で各自ペットボトル飲料をご用意下さい。間食用で置いていたお菓子等もご自身でご用意をお願いします。

タバコの携帯灰皿はご自身で準備して下さい。

ゴミ箱は、ボートに設置したビニール袋にご自身で入れて下さい。

ゴミが海に落ちないよう、飛んでいかないようにご注意下さい。

海の環境保全にも注意しましょう。

 

トイレを使用する際は事前に除菌スプレーをトイレ全体に振りかけ、小窓が開いていなければ、少し開けて使用して下さい。(少しでも換気出来るようにです)ただし小窓を少しでも開けているのが抵抗がある方は、トイレを出る際に小窓を開けて使用してください。使用前も清掃シートで便座を拭いて使用して下さい。

トイレから出る時もトイレ用の清掃シートで便座を拭いて下さい。最後に、自分が触った場所は、次の人の為に清掃用シートで拭いてあげましょう。

手を洗う際は、ハンドソープを設置していますので、必ずハンドソープを使用して手を洗って下さい。

トイレでは絶対に吐かないようにお願い致します。

 

船酔いして吐く場合は、必ず海の方を向いて海に吐いて下さい

万が一、吐しゃ物がボートに付着した場合は、スタッフは直接触れず、ビニール手袋、マスクしながら清掃をし清掃後は周辺を除菌スプレーで除菌します。

吐しゃ物による手や顔・身体の汚れやダイビング終了時に鼻からの出血を直接触った手等、必ず他人に触れずにトイレのハンドソープでしっかり手を洗いましょう

ドアノブ等は定期的に除菌シートでスタッフがビニール手袋しながら拭いていきます。

 

ドライエリアには、除菌ジェルは設置してあります。

レンタル器材の特にマスクとレギュレーターのマウスピースは通常の水洗いの上、洗剤消毒をしております。

レンタルウェットスーツ・ブーツは、専用のシャンプーを使用し洗っております。ただ、ウェットスーツ着用時、水中で用を足さないで下さい。

バスタオルの貸し出しは当店ではしていません。ご自身でご用意して下さい。

 

以上の対応で営業致します。まだいろいろと追加項目が出て来るかと思います。

とても厳しい対応かと思いますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

コロナウィルスが終息して、いつものように笑顔でみなさんとお会いしたいです!!

何卒よろしくお願い申し上げます。

ダイビングステーションKANCHI 代表 神田健志

【宮古島ダイビングショップ KANCHI】
 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根2-5
 TEL:090-7590-5531 FAX:020-4664-1837
 E-mail:kanchi@miyako-ma.jp
 URL:http://www.kanchi32.com
 お問い合わせ・ご来社お待ちしております。

2020年研修旅行INサイパン②

②ボートポイント

「ソフトクリーム」

「ディンプル」

「沈船」

ダイビング2日目、風速が凄いです。日本に雪が降ったりするときは、

サイパンも風が強くなるそうです。この日はなんとかボート1本だけ

出港。ソフトクリームのような根があることから、

名図けられた、ソフトクリームというポイントです。

 

画像のように、マダラトビエイが群れていました!

別の日もソフトクリームに行ったのですが、その日はマダラトビエイが

めっちゃ近づいてきました。

画面に収まり切れません。。(笑)

ガイドさんに教わったことを試してみたら結構寄れました!

こんなに近づけることはないので、また宮古島でも

試してみようと思います。

お次は「ディンプル」えくぼという意味です。

パラオハマサンゴの群生がえくぼのように盛り上がっていました。

カスミチョウチョウウオがいっぱい!!

ホソカマスも居て、のんびり出来ました。

ラストはインリーフの沈船へ。

マニャガハ島近くのポイントで、透明度が抜群です。

漁礁(魚のすみか)になっていて、船にはりっぱなハマサンゴもついて

いたりしました。

③リクエストのテニアン島へ。

「テニアングロット」

「フレミング」

ダイビング最終日はテニアン島でのダイビングでした。

テニアングロットへ!このポイントは宮古島でいうなら、

トリプル3のような地形でした。

上に抜けるところ

透明度は抜群!

左上はガイドさんが下に入って、オクトパスをフリーフローさせてます。

洞窟の上のほうから、空気が漏れて幻想的ですね~。

 

ラストはスーパードロップオフのフレミング!!

下は何メーターまであるのでしょうか??

ここでは、レアなハゼのヘルフリッチも見ることができました。

亀裂から出てきます。

サイパンでのダイビングもこれにて、終了です。

いつも思うのですが、宮古島だととか、いつも宮古島と比べてしまいます。

サイパンは透明度は良い、ビーチダイビングも良い、

でも地形ポイントの豊富さでいうと宮古島は別格だと感じました。

 

 

【宮古島ダイビングショップ KANCHI】
 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根2-5
 TEL:090-7590-5531 FAX:020-4664-1837
 E-mail:kanchi@miyako-ma.jp
 URL:http://www.kanchi32.com
 お問い合わせ・ご来社お待ちしております。